foolish

好きなことをしながら暮らすことが目標。日常と興味あるもののメモ。

Google PageSpeed Insightsでいくつかのサイトを分析してみました。

PageSpeed Insights

 

PageSpeed Insightsとは
PageSpeed Insights は、ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための方法を提案します。

 

Googleは読み込みの早さもウェブページ品質の判断基準のひとつにあげており、AdWordsでも品質スコアに影響する重要な項目です。特に回線が貧弱なことが多いモバイルでの読み込みについては重きを置いているとのこと。

いくつかのサイトをこのツールにかけてみました。

 


Google

MB:99/100
PC:99/100

さすがGoogleさん、かなりのハイスコアですね。
このツールを利用して最適化を繰り返してるんだろうなー。

 


Yahoo! JAPAN

MB:69/100
PC:82/100

日本が誇るポータルサイトヤフー・ジャパン。
モバイルの評価は低め。

 


WIRED.jp


MB:43/100
PC:34/100

愛読しているWired.jp
なんとかなり低い結果…。

 


痛いニュース(ノ∀`) - ライブドアブログ

MB:47/100
PC:45/100

2chまとめサイト代表でひとつ。
低めですがWiredよりマシという‥。
ライブドアのサーバの力もあるんでしょうね。

 

Apple

MB:51/100
PC:63/100

かつてページランク10を誇ったアップルのサイト。
予想よりは低め。

 


MSN Japan

MB:64/100
PC:84/100

ライバル?マイクロソフトポータルサイト
ヤフージャパン並に良い結果に。


このツールは分析の結果、改善点や修正方法を示してくれるので便利ですね。具体的に「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」なんて教えてくれます。

また速度の他にユーザーエクスペリエンスについてもスコアが表示されます。